映画『万引き家族』

映画『万引き家族』を楽しんだ。 昨年の『第71回カンヌ国際映画祭』において、今村昌平監督『うなぎ』(1997年)以来、日本映画21年ぶりの快挙となる最高賞パルム・ドールを受賞したことも記憶に新しい是枝裕和監督の『万引き家族』(2018年6月8日公開)が、…

超長寿者・蟹江ぎんの精神と肉体

必要があって百寿者の本を集中して読むことにした。 まず、108歳で亡くなった双子の姉妹の妹「蟹江ぎん」。1892年(明治25年)8月1日生まれ。2001年(平成13年)2月28日死去。 生まれた1892年(明治25年)は、芥川龍之介と同じで、日清戦争が始まる2年前だ。…

夜は品川の大学院:修士論文の相談。授業のテーマは「参院選公約」と「日本」。

夜は、品川の大学院。 修士論文で副査を担当している二人の論文指導。 インサイト・コミュニケーションの6回目。以下、出席者の感想。 ・今日の講義では、先週に引き続き参院選の各党「公約」の図解をおこないました。前回は、経済財政と社会保障をテーマに…

大学。打ち合わせ、授業準備、原稿完成・送付、、、。

午前:近藤秘書と打ち合わせ。授業準備。雑誌原稿完成・送付。、、、。 ーーーーーーーーーー 昼:長島先生と懇談 ラウンジ:今泉先生(院教務委員長)と大学院の現状について情報交換。金先生、趙先生、、、。 ーーーーーー ジム:ストレッチ、筋トレ、ウオ…

仁木悦子ーー寝たきり、独学。童話作家から推理小説作家へ。

仁木 悦子(にき えつこ、1928年3月7日 - 1986年11月23日)は、日本の小説家。東京府生まれ。本名は二日市 三重子(戸籍名は二日市 三重)。旧姓名の大井 三重子名義で童話も残している。 4歳で胸椎カリエスを発病し、歩行不能で寝たきりの生活を送る。兄か…

原田治「自分への回帰」ーーイラストレーターから抽象画家へ。

原田治は、2006年に『ぼくの美術帖』を刊行する。 美術をめぐる遍歴の旅。古今東西の美術の本物を見るために、国内外の美術館、博物館、ギャラリー、遺跡、寺院、アトリエ、窯元、骨董屋、古書店などを探検するのが趣味だった。 イラストレーターは美術家で…

世田谷文学館ーー原田治と仁木悦子

世田谷文学館を訪問。 『原田治展「かわいい」の発見』。1946年ーー2016年。享年70. 若い女性が多く、キャラクタターグッズも売れていた。 イラストレーションは「大事なのはテーマや内容にそっていること」。 「職人的な姿勢」。 「装幀とは思考を包む単な…

「画家の絵を見なさい、写真集を見なさい、小説を読みなさい、写真を撮りに旅に出なさい」(山本二三)

「山本二三」展で、227点の作品を一挙公開したベストセレクションを堪能した。 アニメの進行・完成はどうやって行われるのか? 監督やプロデューサーが作品の世界観をつくり、キャラクターイメージを決める。監督が絵コンテを描く。アニメーターがキャラクタ…

「山本二三展ーー日本のアニメーション美術の創造者」(東京富士美術館)

八王子の東京富士美術館で開催中の「山本二三展ーー日本のアニメーション美術の創造者」。スタジオ・ジブリのヒット作の背景画を描いた人である。 1953年長崎県の五島列島福江島で生まれる。中学を出て集団就職で岐阜県の石材会社に就職。工業高校の夜間定時…

午前:学部授業「参院選公約」の図解化の2回目、テーマは「社会保障、子ども」、支持政党が決まりつつある。夕:濱田健司「農福連携の取り組みについて」。

学部の授業。テーマは「参院選公約」の図解化による理解。主要政党の公約比較表が題材。先週は「消費税、経済・財政」、2回目の今回は「社会保障、子ども」がテーマ。だんだん支持政党ができつつある。 本当に面白かった。選挙へ向けて知識が広がった。与党…

リレー講座:寺島学長「2019年夏から秋への展望」

9時半:こえラボの岡田さんとの「ビジネスに活かす 偉人の名言」の収録。12時まで。梅棹忠夫。中野孝次。鈴木大拙。江藤淳。ヘミングウェイ。 昼休み:多摩大総研ミーティング:松本、長島。新時代の総研、、。 14時:寺島さんと懇談:新著「平成時代の366名…

『平成時代の366名言集ーー歴史に残したい 人生が豊かになる一日一言』(久恒啓一編著)を発刊。

『平成時代の366名言集ーー歴史に残したい 人生が豊かになる一日一言』(久恒啓一編著)を発刊。 「平成の著名人が遺した珠玉の名言・金言集。366の人生から取り出した、幸せを呼ぶ一日一言は、現代人の生きる指針となる。いつもそばに置いておきたい座右の…

『江藤淳ーー終わる平成から昭和の保守を問う』

『江藤淳ーー終わる平成から昭和の保守を問う』(河出書房新社)を読了。 2019年5月発刊。神奈川近代文学館で買った本。論争家。批評家。講演の名手。占領史研究。 1956年に刊行された批評家・江藤淳の第一作『夏目漱石』は生活人としての漱石という新…

八芳園。知研幹事会。ミニセミナー。

夕刻。 ・NPO法人知的生産の技術研究会・東京の幹事会 ・地研でのミニセミナー。弁護士の玉木賢明先生の「法律と道徳」。 大日本帝国憲法。日本国憲法は押し付け。アメリカの法制度の輸入(ロースクール、司法取引、種苗法、カジノ法、、)。悪法。法律に触…

原稿書き。講演準備。ジム。

・ 原稿書き。 ・講演準備。 ・ジム:30mウオーキング。500mスイミング。 ーーーーーーーーーーー 「名言との対話」7月7日。流政之「西洋とは違う、東洋あるいは日本ならではの「もうひとつの彫刻」の形をとり戻したい、整えたい」 流 政之(ながれ まさゆ…

高畑勲の「日本への回帰」。「じゃりん子チエ」「セロ弾きのゴーシュ」「文化記録映画 柳川掘割物語」「火垂るの墓」「おもひでぽろぽろ」「平成狸合戦ぽんぽこ」「かぐや姫の物語」

東京国立近代美術館で「高畑勲展ーー日本のアニメーションに遺したもの」をみた。 高畑勲の「日本への回帰」。「じゃりん子チエ」「セロ弾きのゴーシュ」「文化記録映画 柳川掘割物語」「火垂るの墓」「おもひでぽろぽろ」「平成狸合戦ぽんぽこ」「かぐや姫…

学部、大学院とも、「参院選の公約の比較図解」に挑戦!「恐ろしいほど理解できた」(学生)、「タイムリーな話題を図解できて感動」(院生)、、

午前:学部授業「ビジネスコミュニケーション」の11回目。 テーマは「参院選公約」。東京新聞7月3日の「6争点 各党の公約」一覧表の中から「消費税、経済財政」の比較図解に挑戦。21日の投票日に向けて政治意識を高めていくのが狙い。全員選挙権があり、学…

リレー講座は、国谷裕子先生。テーマは「SDG' sが問いかけるもの」。

リレー講座は、国谷裕子先生(キャスター。東京芸大理事)。テーマ「SDG' sが問いかけるもの」。 寺島学長の紹介「リレー講座14.5万人。国谷さんはNHKのクローズアップ現代」を23年間続けた。帰国子女。視界の広さ、重心の低さ。フォーリンアフェアー…

兄弟会

神楽坂の「和らく」にて数か月ぶりの兄弟会。2時間ずっと笑い続けた。楽しかった。また、やろう。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 地研:近藤さんを紹介。インデザイン。スケジュール表。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 『平成時代の…

「高畑勲展ーー日本のアニメーションに遺したもの」ーー日本への回帰

国立近代美術館で今日から始まった「高畑勲展ーー日本のアニメーションに遺したもの」をみた。 高畑勲(1935-2018)は、外国遍歴を経て、最後は「日本への回帰」となったのが最大の印象。若い人が多い。 「子どもの心を開放し、生き生きさせるような本格的…

近著『平成時代の366名言集』を書くにあたって読んだ244冊の書物リスト。

近著『平成時代の366名言集』を書くにあたって読破した244冊の書物リスト。 ・河原淳「雑学人生のすすめ―これで世界が面白くなる!」(新人物往来社)・向井敏「残る本 残る人」(新潮社)・加藤芳郎「加藤芳郎の仕事も人生もプロでなくちゃ (いい話シリーズ)…

映画『新聞記者』ーー「映画史上初の試みとなる大胆不敵な政治サスペンス映画」

映画「新聞記者」をみた。多摩センターのイオンシネマ。 企画制作は1949年生まれの河村光庸(70歳)、監督・脚本は1986年生まれの藤井道人(33歳)、主演は1988年生まれの松坂桃季(31歳)と1994年生まれの韓国人俳優のシム・ウンギョン(25歳)。観客は問題…

「出雲大社」ーー日本文明の二元的構成原理。

梅棹忠夫著作集第7の「日本探検」の中の、「名神高速道路」と「出雲大社」と「空からの日本探検を」を読み終わった。いか、出雲大社の項。 相嘗(あいなめ):神人供食。祭りは神と人との交歓である。 農耕の神:イネ、コメ、酒。農業神。 天下無双の大廈:…

夜は代々木で知研東京のセミナーは蔡英俊「ホントの中国」。午後は荻窪。午前は多摩で授業:テーマは「日本」。

夜は代々木。 17時半:幹事会を開催。福島、小野、池淵、根岸、小林。「新・深・真」。「野田一夫語録」。セミナー講師の選定。、、、。 18時半:知研東京のセミナーは蔡英俊「ホントの中国」。 宮城大学一期生(留学生)。仙台でIT企業を起業し県庁の仕事。…

一般社団法人未来フェス(橘川幸夫代表)創設パーティーー「文明としてのITの時代から文化としてのITの時代へ」

一般社団法人未来フェス創設パーティに知研の高橋さんと一緒に参加。西麻布のクラブ「エーライフ」。全国から世代を超えた人たちが集合した姿は圧巻。橘川さんのアジテーションも気合が入っていた。。 「フリースタイル未来フェス」「テーマ未来フェス」。「…

新著『平成時代の366名言集』の見本が到着ーー平成の著名人が遺した珠玉の名言・金言集。

新著『平成時代の366名言集』の見本が到着。667ページの大著となった。 2017年発刊の『命日編』、2018年の『誕生日編』に続く第3弾。命日編は478ページ、誕生日編は550ページ。だんだん気合が入ってきて、毎年100ページづつ増えている。 はじめに 日本地域社…

『日本探検』ーー福山誠之館、大本教、北海道独立論、高崎山、名神高速道路。出雲大社、空からの日本探検。

梅棹忠夫著作集『日本探検』を毎朝読み続けている。 「人類史の未来に日本文明はなにを寄与しうるか、あるいはまた、日本文明におけるあたらしい可能性はなにか、というのがわたしのほんとうの主題である」。 福山誠之館:「なんにもしらないことはよいこと…

一般社団法人社会開発研究センター評議員会。一般社団法人日本総合研究所評議員会。

午前:大学で打合せ ーーーーーーーー 午後:赤坂。 ・13時半。一般社団法人社会開発研究センター評議員会。藤村会長、松岡理事長、森専務理事。ふくしま総合災害対応訓練機構、、。 ・15時。一般社団法人日本総合研究所評議員会。「社会性と事業性」。2020…

『邪馬台』2019年夏号。「明るき未来がくるがごとく新元号「令和」前夜の狂へる賑わひ」「憶良らも旅人も梅花の宴より「令和」と決むとはゆめ思ふまじ」。

『邪馬台』2019年夏号が届いた。 私の連載「読書悠々」の22回目。若い作家の本を取り上げた。朝井リョウ、古市憲寿、イケダハヤト、若新雄純、落合陽一。いじれも現在30代前半の若者である。取り上げた本は、以下。朝井リョウ「何者」。古市憲寿「だから日本…

日経新聞に新刊『平成時代の366名言集』の広告。

「偉人の名言」を扱った「偉人の命日366名言集」「偉人の誕生日366名言集」に続く第3弾。見本は来週火曜日に入手予定。 知研岡山の黒川康徳さんの初の著書も一緒に載っている。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 夜:三軒茶屋の「割烹きよみず」で、橘…