東京MXテレビ「寺島実郎の世界を知る力」第3弾ーー「米大統領選の総括」「バイデンのアメリカ」「コロナ禍でできること」「バンドン会議」「日本近代史」

東京MXテレビ「寺島実郎の世界を知る力」第3弾。 アメリカ大統領選総括:バイデンのアメリカへ。投票率は6ポイント以上アップし66.7%。バイデン8128万票、トランプ7422万票。白人は41%対58%。男性45%対53%。女性57%対42%。若者18歳から29歳は60%対…

YAMI大学深呼吸学部の橘川幸夫さんの講義を4時間堪能。

YAMI大深呼吸学部の橘川さんの講義。面白くて20時から24時まで聴いてしまった。 地下アイドル。新しい学校のリーダーズ。ロッキングオン。親密5人、悲しむ15人、交流の限界150人。ダンバ数。3万部の壁。佐藤シュガー。子ども芸術大学という保育所。お母…

立志人物伝12回目。テーマは「日本への回帰」ーー司馬遼太郎、梅棹忠夫。柳田国男。東山魁夷。岡倉天心。柳宗悦。

立志人物伝12回目。今年最後の授業。テーマは「日本への回帰」。前回のアンケートで杉原千畝について取り上げて欲しいという声があったので解説。 日本のインテリは西洋かぶれが中心だが、最後は日本に帰ってくる人も多い。 司馬遼太郎:大阪外大蒙古語。…

『オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る』ーーデジタル敗戦下の日本人が今読むべき本

オードリー・タン『オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る』(プレジデント社)を読了。 コロナを完璧に抑え込み「繁栄と防疫」の両立に成功し台湾が世界から称賛されたことは記憶に新しい。政府と人々の信頼関係を土台に、デジタル技術によって政府…

編集出版会議で『フォト川柳』の提案。

編集出版会議のトライアル:『フォト川柳』の企画提案。松田俊秀さんから川柳についての説明。私から写真「後姿探検隊」の説明。石和田君も参加。 同席した濱野吉秀(日本健康ワイン&フーズ協会会長83歳)さんから面白い話を聞いた。太宰治の研究家。ワイン…

「柳瀬博一と走る国道16号線!ライブ中継」。ジム。日本未来学会理事会。

「柳瀬博一と走る国道16号線!ライブ中継」を覗く。養老先生もZOOMで参加されていた。ずいぶんと盛りあがっていた。柳瀬博一『国道16号線 「日本」を創った道』は実に面白い本だ。じわりと影響が広がっている。 ジム:ストレッチとウオーキング。 日本…

立川のけやき出版発行の「BALL」第2号が届くーー素晴らしい仕上がり

立川のけやき出版発行の「BALL」第2号が届く。 新しい働き方を提案する情報誌。30-40代のファミリー層や、多摩への転入者、23区の自然愛好者などが読者ターゲット。第2号は素晴らしい仕上がりになっている。第1号は日本地域情報コンテンツ大賞2020 タウ…

映画『感染列島』。高幡不動。ZOOMフェス。VRのオキュラス講座。

2009年の 映画「感染列島」をアマゾンプライムビデオでみた。 日本列島が正体不明のウイルスにやられ、パニックに陥る。現在進行中のコロナ禍を予言している映画だ。半年で感染者は3950万人、死者は1120万人という大惨事になる。ワクチンができやがて平和を…

ヨガ。VR。深呼吸。

朝:メンズ・ヨガ教室で1時間、身体を調整。 午後:ZOOMでVR・お絵かきソフト会(女子会)を覗く。 夜:深呼吸学部の橘川さんの19回目の講義。リアクション動画(LISA、世界中、日本、鬼滅、、)。登山の歴史。人類の歴史は詐欺の歴史。青山一郎のペメ…

立志人物伝の11回目の授業。テーマは「修養・鍛錬・研鑽」。取り上げた人物は「安岡正篤」「新渡戸稲造」「野口英世」「二宮尊徳」「本多静六」「佐藤一斎」。

立志人物伝の11回目の授業。テーマは「修養・鍛錬・研鑽」。取り上げた人物は「安岡正篤」「新渡戸稲造」「野口英世」「二宮尊徳」「本多静六」「佐藤一斎」。 前回のアンケートで、次のような要望があったので、冒頭に以下の言葉を紹介。 ・スポーツ関連の…

深呼吸学部・12月の公開セミナー:第一部「久米橘対談」、第ニ部「講師・斉藤賢爾」

深呼吸学部・公開セミナー(12月)。20時から。22時半からの第三部のVRチャットは明日の授業もあり遠慮。 第一部「久米橘対談」:近況報告と注目する時代の動きについての対話。 映画100本「しあわせの絵具」iPad。e自転車、宮田・シマノ。ぐるっとパス110…

『般若心経』。さて、、、、

さて、、、。 --------------------- 大学 ・樋口先生、バートル先生 ・金先生から最近の事情をじっくりと聴く。 ーーーーーーーーーーー 「名言との対話」12月9日。石橋政嗣「非武装中立論」 石橋 政嗣(いしばし まさし、1924年10月6…

東京オペラシティ・アートギャラリー「生誕100年 石元泰博写真展 伝統と近代」

東京オペラシティ・アートギャラリー「生誕100年 石元泰博写真展 伝統と近代」。 移民の子としてアメリカ合衆国サンフランシスコに生まれる。3歳のときに、両親の故郷である高知県高岡町(現・土佐市)に移り住む。1939年、高知農業学校を卒業後に再渡米し、…

「大正から昭和へ」

「名言との対話」の来年のテーマは「大正から昭和へ」で、来年1月の人選をしてみた。これでやれるか、やってみようか。 1日、辰濃和男。2日、徳岡孝夫。3日、ゴードン・ムーア。4日、内田満。5日、岡井隆。6日、高木俊介。7日、菅野昭正。8日、佐々木良作。9…

辰濃和男『文章の書き方』(岩波新書)ーー「円が大きければ大きいほど、穴も深くなります」

今日は、辰濃和男の命日で、まだこの人のことを書いていないと思い込んで、『文章の書き方』(岩波新書)を熱心に読んだ。しかし既に「名言との対話」で取り上げていたことが後でわかった。「辰濃」という字ではなく、「辰野」と間違っていたのが原因だ。気…

今日の収穫ーー「人間は本物に出会わなければ本物にはなれない」「菅さんに ペーパーレスを 勧めたい」

今日の収穫。 『致知』1月号から。 ・人間は本物に出会わなければ本物にはなれない。 ・至誠を本とし、勤労を主とし、分度を体とし、推譲を用とする(二宮尊徳) 柳井正 「僕ほど世界の経営者に話を聞きに行った人はいないと思いますよ」「結局、創業者って…

立志人物伝10回目のテーマは「飛翔する構想力」ーー後藤新平、徳川光圀、嘉納治五郎、松下幸之助、宮崎駿

立志人物伝10回目。テーマは「飛翔する構想力」。取り上げた人物は、以下。 明治の大事業構想家・。大日本史を編纂した徳川光圀。柔道の発明者・嘉納治五郎。経営の神様・松下幸之助。アニメの。 以下は、前回の「怒涛の仕事量」の作曲家の課題アンケートの…

映画監督の森田芳光とカメラマンの石川文洋のインタビューを聴く。

NHKラジオ深夜便のインタビューを2本聴いた。午前4時からの放送だが、ユーチュブでいつでも聴くことができる。 森田芳光(映画監督):1952年生。テーマは「僕の作りたい映画」で2010年11月放送、森田は1年後の2011年12月20日死去。61歳。「椿三十郎」「…

「人生鳥瞰図」をテーマとしたロングインタビュー。

大学 ・P社で出版予定の本のロングインタビュー。今回は「人生鳥瞰図」が主題。3時間。次回は来週火曜日にP社の会議室で行う予定。 ・TACの二川課長来訪。長島先生、松本先生とミーティング。 日本地域社会研究所:「編集・出版会議」を始める。まず12…

12月に読むべき本24冊。さて、今月はどんな出会いがあるか。

「名言との対話」の12月分の読むべき本24冊。どんな出会いがあるか、楽しみだ。 今年は「戦後編」だ。来年、2021年の構想を練っている。今考えている案が成立するか、1月分を試している。何とかやれそうな感じになっている。もう少し考えよう。 ーーーー し…

ストレス解消!

ホームコースである相模湖カントリークラブで久しぶりにゴルフ。2018年の11月以来だから、実に2年ぶり。好天に恵まれてストレスを解消した。 修了後にキャディさんから写真を撮ってもらった。一瞬の絶景をバックにした写真となった。 ーーーーーーーーーーー…

「マルク・シャガール版画展」、97歳の長寿と1200万円に驚く。「Oculus Quest2でVRchat体験」の2回目、話すことが不自由な人の貴重な経験をした。

横浜そごう美術館のギャラリーで「マルク・シャガール版画展」をみた。 最高価格は、この写真にみえるピンクの版画で、1200万円という途方もないもので驚いてしまった。そしてこの版画展は「没後35年」と銘打っていることにも驚いた。まだ最近の人ではないか…

「超絶技巧を超えて 吉村芳生」展(横浜そごう美術館)--鉛筆画の巨匠

横浜そごうのそごう美術館の「吉村芳生」展。 吉村芳生は鉛筆画による細密描写の画家。「超絶技巧を超えて」というサブタイトルもさもありなんという感じの画家だった。 1950年山口県で生まれる。初期には新聞紙、金網、風景、身のまわりの日常品などをモチ…

第1回「Oculus Quest2でVRchat体験しよう!初心者の会」に参加。2000年以来、3度目のVRの世界へ。

夜は日本未来学会の『人新世の資本論』(斎藤幸平)の読書会と「VRchat体験会」の二つが重なった。どちらも「未来」に関わる会だが、今回はVR(バーチャルリアリティ)を選んだ。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 以下、案内。 Oculus Quest…

ブログ本『今日も生涯の一日なり』の2019年版。

ブログ本『今日も生涯の一日なり』の2019年版が完成。ネクパブ版。 「名言との対話」の部分は別に「名言集」として別に編集することにしたので、今回は428ページで1冊に収まった。「2004年・2005年版」以来、15冊目。 ・オキュラスクエスト2の設定までが終…

ロングインタビュー

P社のインタビューの3回目。3時間の長丁場。今週金曜日と来週も予定している。書籍だけでなく、10数時間のログインタビューの音源も財産。優れたインタビュアーは上手に引き出してくれるので、楽しい時間だ。 ーーーーーーーーーーーーーー ・高野課長 ・松…

VRで遊ぶか。

オキュラスを購入。VRの世界へ。リアルとリモートとバーチャルの3つの世界へ。 ------------------------------------- ・U社:新宿のサザンタワー20階で、「偉人の名言」に関わる新企画を聞き、アイデア出し。来年はこの大型企画を楽しもうか。 ・新宿3…

「須藤一郎と世界一小さい美術館物語」展を再訪。

「須藤一郎と世界一小さい美術館物語」展。先週金曜日に続き、妻と一緒に2度目の訪問をした。エッセイ集『世界一小さい美術館ものがたり』を読み終わっているので、前回以上に会話が弾んだ。須藤さんからは穏やかな話しぶりで来し方を聴いた。 須藤一郎。193…

昨日はカフェ・ギャラリー、今日はギャラリー・カフェ「戸出克彦作陶展」。

カフェ・ギャラリー「BOJO」(南大沢) 12席のカフェスペースと12平米の貸しギャラリー(画廊)がある。地域の人々を中心に絵画や写真の展示会を開催している。 -------------- ギャラリー・カフェ「アルル」(町田)の戸出克彦作陶展…

後姿探検隊、秋の公園をゆく。深呼吸学部の授業「吉本隆明と林雄二郎」

後姿探検隊、秋の公園をゆく。 ギャラリーカフェを発見。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 20時から深呼吸学部(ZOOM)に参加し、橘川さんの講義を聴く。 触発されて浮かんだアイデア:父の世代。独学の人。転向論。構造と関係。漱石…