インターゼミ:研究計画発表会とOBとの懇親会

インターゼミの現役とOBの懇親会。
7年目を迎えた多摩大インターゼミ(社会工学研究会)。
学生・院生の累積数:191名。
教員・職員の累積数:80名(実数23名)。
本日の参加者数は50名以上。学長を囲んで各班のメンバーとOBのの写真。




140728

多摩キャンパス

  • 朗進会(多摩大目黒高校の父母と教諭の会)の多摩大見学会。経営情報学部についての学部長説明を20分。

品川キャンパス

  • 大学院教授会
    • 院生の異動。秋修了予定者最終試験部屋割り。委員会メンバーの追加。教育職員業績評価規程。授業評価・満足度調査。カリキュラム。
  • 兼担の先生たちとコーヒーを飲みながら懇談。諸橋、金、豊田、久保田の各先生。

九段サテライト

  • インターゼミの研究計画発表会。今年は進み具合は早い。8月18・19日の箱根合宿で中間発表。


    • アジアダイナミズム班「江戸期の日中韓交流--朝鮮通信使の外交・文化的意味と現代的意義」:アドバイス「「事実関係を押さえよ。フィールドワーク。朝鮮通信使の近代にもたらした意味?」。
    • 地域(震災・環境・エネルギー)班「震災3年後から見る水産都市の地域再生--人口減少に伴うスマートシュリンクを目指して」。アドバイス「コンパクト&ネットワーク。医療、、。3年前をもう一回掘り下げるのは意味あるい。日本の人口は3000万人へるが世界人口は70億人からさらに爆発し96億人、この交点をづ考えるか」
    • 多摩学班「2040年多摩の展望--50年に一度の交通革命を超えて」。アドバイス「3環状道路の完成。学生らしいフィールドワークを。新都市交通、自宅まではどうなるか。多摩地域。耐えられるか。アマゾンがどう変えていくのか。クロネコの戦略。燃料電池車も視野に入ってくる。
    • サービス・エンターテイメント班「東京オリンピックに向けてのIR事業とおもてなし文化について」。アドバイス「どうやって脱工業化モデルを成功させるか。民間の知恵で創生できるか。ディズニやシンガポール。若さ、学生の視点。カジノありきではない。地域ごとのIR。多摩はどうなるのか。パチンコというギャンブルの存在。低賃金の観光業従事者の底上げ。サービス産業の高度化。」
  • インターゼミ現役とOBとの懇親会を20時まで一階の文庫カフェで実施。
  • 高野課長・山本さんと打ち上げ会。