「ホリエモン逮捕は”図”の威力を示したが、、、」

リーダーのためのマネジメント&データ誌を標榜する「月刊ビジネスデータ」の5月号が届いた。今月は特集1が「人を動かすための表現力」、特集2が「少数精鋭チームの気合と根性の科学」である。巻頭コラム&エッセイには、森永卓郎さんの「豊かに生きる経済戦略」や大谷昭宏さんの「世の中の深層心理学」などがある。私は巻頭コラムで「ファシリテーションの技術」というテーマで連載をしている。5月号は6回目で「ホリエモン逮捕は”図”の威力を示したが、、、」という小論を書いた。


人と組織の力を高める人材開発情報誌と銘打っている「企業と人材」の5月号も一緒に届いた。

今月はこの雑誌独自調査の「社内資格制度の実態」がメイン特集である。連載は「サービス業のための新時代の非正社員活用術」「海外版・人材気亜初情報Watching」「教育研修実務Q&A]」などが並んでいる。私は「考える社員を育てる”図解思考”入門」というテーマで連載をしている。5月号は2回目で「図が問題を解決する」というタイトルで5ページの論考を書いた。



他にもいくつかの雑誌連載を昨年から引き受けているが、最近ペースがつかめてきたように感じている。何事も経験である。