読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立志論「修養・鍛錬・研鑽」。大学戦略会議「研究」。大学経営会議・運営会議「予算」。

「名言との対話」11月25日。西本幸雄

「いわしも大群になると力がでる。みんなが心底から力を合わせることによって、何かが可能になるんや。」

西本幸雄1920年4月25日 - 2011年11月25日)は、和歌山県和歌山市出身のプロ野球選手内野手コーチ監督野球解説者野球評論家。享年91。

20年間の監督生活で8度のリーグ優勝を果たしながら、日本シリーズでは1度も日本一に就けず、「悲運の名将」と言われたが、本人は「幸運な凡将」と自らを語っている。大毎・阪急・近鉄というパ・リーグの弱小チームを一から育てて優勝させたから、西本はやはり名将であろう。

西本の教え子には阪急時代には米田哲也梶本隆夫足立光宏森本潔長池徳士福本豊山田久志加藤英司近鉄では鈴木啓示佐々木恭介梨田昌孝羽田耕一平野光泰井本隆栗橋茂柳田豊などが挙げられる。人材育成の手腕は大したものだ。

  • 「道のりは遠くとも、目標に向かって歩めば、一歩一歩近付くことだけは確かだ」
  • 「レギュラーが決まっているチームは意外と弱い。2つか3つのポジションが決まっていないチームのほうが強くなる」

鰯(いわし)という字は、魚偏に弱いと書く。弱い鰯も烏合の衆ではなく、優れたリーダーが情熱を持ち精魂を傾けることによって、生命を持った有機体としてのまとまりになっていき、それが奇蹟を起こす。その創造の秘密をこの名将は知っていたに違いない。「何か」が可能になる「何か」とは何か。

 

「副学長日誌・志塾の風161125」

多摩キャンパス

九段サテライト

  • 大学戦略会議:テーマ「研究」。科研費・大いなる多摩・FRC(教員研究発表会)・財団研究奨学金等の情報共有。
  • 学長
  • 大学経営会議・大学運営合同会議:2016年度補正予算。2017年度予算編成方針。人事。、、、。
  • 学長
  • 徳岡研究科長:「知の再武装」カリキュラム。