読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

故郷中津の同人誌「邪馬台」の50周年記念号が届く。

故郷中津の同人誌「邪馬台」の50周年記念号が届く。

50年の継続とは凄いことだ。

f:id:k-hisatune:20160917052632j:plain

読書悠々12。「世界を見つめる本」を執筆。

  ------

「名言との対話」12月16日。チャプリン

 「次の作品です。」

チャップリン1889年4月16日 - 1977年12月25日)は、イギリス出身の映画俳優映画監督コメディアン脚本家映画プロデューサー作曲家である。左利き。世界の喜劇王

チャプリンは大の日本びいきだった。ステッキは日本の竹製、一番大切にした秘書は日本人だった。1932年に日本に立ち寄った時、5/15事件に遭遇している。

80歳の誕生日に報道陣をシャットアウトした。スイスの新聞は「沈黙を守るのは仕方がない。81本の彼の映画のうち76本が無声映画なのだから」と粋な解釈をした。世界の喜劇王には味方が多かったのだ。

「人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇である。」

「人生に必要なものは、勇気と想像力。それと、ほんの少しのお金です。」

「下を向いていたら、虹を見つけることは出来ないよ。」

「あなたの最高の傑作は?」という問いにチャプリンは「次の作品です」と答えた。常に次の仕事を自身の最高にしようとしていた。この心がけは見習いたい。実績を積むと、心が緩んで仕事が雑になる人が多いが、この人は手を抜かず、今まで身につけた経験と知恵を総動員して、最高のパフォーマンスをあげようとした。これが「世界の」という形容詞をつけられるほどの偉大さの源がある。

----------------

「副学長日誌・志塾の風161215」

  • 大森拓也先生:非常勤講師の件
  • 駒沢女子大の入試担当との顔合わせ
  • 客員の渡辺先生に本日のゲスト講師・伊勢丹の紳士服担当の渡辺マネジャーを紹介される。
  • 栢原先生と懇談
  • 杉本係長:志小論文コンテスト
  • 高野課長:手塚山大への派遣チームの選定
  • 中村その子先生:本日のゲスト講師の話題
  • バートル先生:戦略会議
  • 事務局との定例ミーティング
  • 本日のリレー講座の講師・佐高信先生と歓談。酒田と鶴岡。柏戸大川周明清河八郎藤沢周平土門拳、西郷神社、、、。
  • リレー講座:テーマ「自民党創価学会」。「テレビ・雑誌ではまともな創価学会批判はできない。週刊誌、週刊金曜日のみ。見えざる壁、不気味な浸食。公明党のはカジノ法案への自主投票ならぬ無主投票。野合政権、初当選の菅義偉の学会批判、自由新報の学会批判連載。禁じ手だった自公連立、安部と池田大作の2006年の密会。、、、、。」

    f:id:k-hisatune:20161215145307j:plain

  • 学園の田村理事長への報告と意見交換を2時間。
  • 高野課長
  • 杉田先生・金先生と懇談