品川キャンパスと九段サテライト。

T-Studioの「名言との対話」が20回の大台に乗った。

さて、次回は誰を取り上げようか。

www.youtube.com

時間をやりくりして美術館を訪問。

 

「副学長日誌・志塾の風」170708

品川キャンパス

・金先生

・浜田先生:教員採用「キャリア」

 

大学院教授会。

・カリキュラム、秋の最終試験、学年暦、、、、。

・徳岡研究科長・今泉データサイエンスコース長

 

----------

九段サテライト:インターゼミ。

・グループ作業

・サービスエンタメ班はフィールドワーク中

f:id:k-hisatune:20170709052149j:image

f:id:k-hisatune:20170709052125j:image

 ・金先生:最近の報告

・松井先生:高大接続。ミュージックセキュリティと芝増上寺のイベント。

・高野課長:研究

---------------

「名言との対話」7月8日。ジョン・ロックフェラー「よし、金銭の奴隷になるのはもうやめた。ひとつ、金銭を奴隷に使ってやろう」

ジョン・デイヴィソン・ロックフェラー・シニア(John Davison Rockefeller, Sr、1839年7月8日 - 1937年5月23日)は、アメリカ合衆国の実業家、慈善家。スタンダード・オイル創業者。

若い頃の目標は、「10万ドルを貯めることと100歳まで生きること」だった。31歳でスタンダード・オイルを創業し、水平統合の達成と新たな垂直システムをつくりあげ、史上最大の資産をもつ富豪とされるまで大成功をおさめた。58才で事実上の引退をし、その後97才で亡くなるまでの40年間は医療・教育・科学研究促進などを目的としたロックフェラー財団を創設した。シカゴ大学ロックフェラー大学を創設した。現在のフィランソロピーのおおもとをつくった人物である。富豪になること、長寿を得ること、この目標は達したわけだ。

以下、金と成功に関わる言葉。

・十セントを大切にしない心が、君をボーイのままにしているんだよ

・何百万もの富を築いたが、私はそれで幸せを得ることはなかった

・世界で最も貧しい人は金以外の何も持っていない人である

・成功の秘訣は、あたりまえのことを、特別上手にすることだ。

・事業の成功には、奇跡はない。永遠の成功は自分を信ずることだ

ジョン・ロックフェラーの31才からの27年間の事業家としての成功に目を奪われるが、それは金銭の奴隷としての活動だった。実は58才での引退後のフィランソロピー活動の方がはるかに長く、意味があった。それは金銭を奴隷にして新しい道を切り開いた日々だったのだ。ロックフェラーの97年の大いなる生涯、特に後半を眺めると、以下の言葉に深く納得する。ロックフェラーは「幸せ」を求め、それを手にした人だったのである。

・もし、あなたが成功したいのなら、踏みならされ受け入れられた成功の道を行くのではなく、新たな道を切り開きなさい

・いかなる種類の成功にとっても粘り強さほど大切なものはない。粘り強ささえあれば、ほぼなんでも乗り越えることができる。

・幸福への道は、二つの簡単な原則に集約される。一つ目は興味があり、自分が得意とするものを見つけること。二つ目は、一つ目で見つけたものに、情熱と才能とエネルギー、もてるもののすべてを注ぎ込んで全力でそれにあたることである。