「鴨居玲」展--踊り候え

没後30年「鴨居玲」展--踊り候え。先週の土曜日に東京ステーションミュージアアムの初日を覗いた。


鴨居は1928年金沢生まれ。
金沢美術工芸専門学校では宮本三郎に師事している。


「興味のあるのは人間だけですからね」
「興味のある瞬間の凝縮した表情だけを描く」のが鴨居スタイルである。

「静止した刻」というサイコロを振る場面。
「おっかさん」
「廃兵」
「月に叫ぶ」
「1982年 私」

「踊り候らえ Dance!」で踊っている男は鴨居自身だ。
鴨居は自画像の画家と呼ばれている。

鴨居は1985年に自殺。父と同じく57歳で世を去った。
司馬遼太郎が追悼文を書いている。
「人間いは、他の動物と違い、人生を経る。それを経てきた者の生命が、最後の一滴をのこして尽きようとしている瞬間ににしか、人生は全体的に表現されることはない。鴨居玲は、その一滴のみ追い求めてきた。、、」

参考文献。

  • 鴨居玲 死を見つめる男」(長谷川智恵子)を読了。

鴨居玲 死を見つめる男

鴨居玲 死を見つめる男

                        • -

名言の暦  6月2日

命日

  • ルー・ゲーリッグ1941:自分がどんなにダメか、どれだけチームに迷惑をかけているか、誰も自分には教えてくれない。だから自分で決めるしかない。
  • アラン1951:楽天主義は意志の所産だが、厭世主義は人間が自己を放棄したときの状態である。
  • 斉藤隆夫2002:

誕生日

  • 中山みき1798:難儀は節だ、節から芽が出る。
  • 安川第五郎1886:2、3年は赤字を出しても、経験を積めば次第にプラスになるような、底堅く将来性のあるものを選んでほしいと思う。
  • 河野一郎1898:こんなことで死んでたまるかい。
  • 大村はま1906:子どもに考えさせるということをした人が、いちばん教師としてすぐれている。
  • 小田実1932:古今東西みなチョボチョボや。

150602

ラウンジにて。

  • 学長室山本さんと情報発信関係(ラジオ)の進め方。途中で栢原先生が加わり経験者としての有益なアドバイスをいただく。
  • 今泉先生:ICT系の人事採用の件で様子を少し詳しくお聞きする。
  • 小林入試委員長:6月に2回行う高校教員向けの教育説明会の集客状況を聞く。。
  • 高野課長:学長案件。情報交換。
  • 増田先生:VOICEの件など。
  • 志賀先生:MICとの懇談会の進め方の相談。

研究室にて。

  • 秘書の近藤さんと打ちあわせ。
      • スケジュールや細かな調整を行う。名刺、授業準備、書類処理、、。
  • その他、外部との連絡、面談スケジュールなどをこなす。
  • 水谷IR室長:自己点検の書類をいただき少し考えを聞く。
                                                                  • -

多摩学電子新書が21冊になった。
「多摩の来歴を探り、多摩の現代について考え、多摩という視点から未来を構想する。それが多摩学です。」
私も一冊書いている。
「“多摩”人物紀行〜多摩の人物記念館を訪ねて〜」(2012年)。
http://www.tama.ac.jp/cooperation/tamagaku-shinsho.html