午後はJAL時代の仲間との同窓会。夜は知研セミナー。

JAL同窓会(客乗):山崎。望月。堀。環。横浜にて、12時半から16時まで。 ビジネスマン時代の仕事、人物、そしてエピソードを久しぶりに思いだしました。談論風発の楽しい同窓会となりました。 知研幹部会 新幹事・都築さん 日程:6月17日。7月15日。8月19…

ユーチューブ『遅咲き偉人伝』第2弾ーー松本清張。永田耕衣。

ユーチューブ『遅咲き偉人伝』(深呼吸放送局)第1回の後半です。 遅咲きの偉人として、小説家の松本清張と、俳人の永田耕衣を取り上げました。 www.youtube.com 松本清張は高等小学校卒。職を転々。44歳という遅いデビューにも関わらず、700冊の著書と全集6…

「幸福塾」:本多静六。野口英世。高峰譲吉。村木良彦。力道山。大山康晴。後藤静香。荻野吟子。ベンジャミン・フランクリン。

「幸福塾」の8回目。本日、取り上げた人物は、以下。 本多静六。野口英世。高峰譲吉。村木良彦。力道山。大山康晴。後藤静香。荻野吟子。ベンジャミン・フランクリン。 以下、塾生の学び。 久恒先生、みなさま、本日は幸福塾ありがとうございました。今日は…

ユーチューブで「遅咲き人伝」を始めましたーー第1回のテーマは「人生100年時代をどう生きるか」

ユーチューブで「遅咲き人伝」を始めました。深呼吸放送局のサイトです。 www.youtube.com 第2回も今週アップするので、チャンネル登録すると、ずっと聴くことができます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 明日の「幸福塾」の「公人」の第1回…

母の遺歌集『風の余韻』の編集作業が最終段階。

母の遺歌集『風の余韻』の編集作業が最終段階にあります。 カラー印刷か、白黒印刷か。紙の選択。表紙デザインの選定。版型。1ページに何首載せるか。字の大きさをどうするか。字体の選択。「九十」を「きうじふ」と読む、「っ」は「つ」とするなど短歌固有…

5月の寺島実郎の「世界を知る力」:「恐怖の円安」「ウクライナ危機とユダヤ」「プーチンのロシア正教教育」「日本の二つの選択肢」

寺島実郎の「世界を知る力」(東京MXテレビ) 立体的・多次元的。文献と体験。 IMF予測:世界は減速(20201年6.1%。1月4.4%、4月3.6%)ロシア▲8.5%。中国4.4%) ロシアのルーブルの価値:▲8割ダウン、それから高値。石油代金のルーブル支払い・金本位…

企業家ミュージアムの「創業者の言葉」から。

昨日訪問した「企業家ミュージアム」の創業者・市川覚峯の『心に火をつける 創業者100人の言葉』(宝島社)から、いい言葉を選んでみた。 企業家ミュージアムは、日本が誇る企業家の思想の発信と継承を目的に、2015年に設立された。 心に火をつける創業者100…

企業家ミュージアム(お茶の水)。N出版社(市ヶ谷)。PASSAGE(神保町)。クンダリーニヨガ(自宅)。

雨の中、午後から都内を動く。 お茶の水の「企業家ミュージアム」。孔子廟、湯島聖堂(昌平坂学問所)の隣のビルの2階にある。「日本的精神」の継承を目的とするミュージアムだ。 土光敏夫コーナー、三島海雲コ-ナー、市川清コーナー、立石一真コーナー、塚…

女性デー:矢島楫子。荻野吟子。三浦綾子。石井筆子・山田火砂子。

NHKラジオ深夜便で山田火砂子(90歳)のインタビューを聴いた。山田は現役の映画監督だ。全国の小劇場で公開中の映画「われ弱ければ 矢島楫子伝」が話題だった。 矢島楫子は1833年生まれの女性のために社会改革運動を推進した人物。日本初の女性医師である荻…

「図解塾」:テーマは梅棹忠夫「文明の情報史観」。お布施、こんにゃく、メタバース、、、。

「図解塾」。「梅棹忠夫著作集」の図解化プロジェクトが進行中。「文明の情報史観」テーマ。 前半は前回講義した手描き図の各自の担当の部分のPPT化した図解の発表。 後半は私の7枚の手描き図の講義。 以下、塾生の学び。 今日もありがとうございました。手…

ユーチューブで「遅咲き人伝」シリーズを始めます。

「遅咲き偉人伝」をテーマとしたユーチューブ番組を作ることになりました。 月曜日の最初の打ち合わせの最中、その場で準備無しに「予告編」の動画をつくることになりました。 橘川幸夫さん「本日、20時30分に定例会があって、久恒さん、松本くん、橘川が参…

ウオーキングに余慶あり。

ウオーキングに余慶あり。今日も1万歩でした。iPhoneのカメラとラジオ。 後姿探検隊を復活。 花の美しさが目に染みる。 五木寛之の「千夜一話」。「鳥取と島根の旅」の話題。人物中心のトークを楽しんだ。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー デメケン…

大本教ーーー「万教同根」

「大本教」の教義をまとめました。 梅棹忠夫『日本探検』の2回目「大本教」から。 宗教活動は「大本」。社会的・思想的活動は「人類愛善会」。 1921年の弾圧、最後は免訴。1935年の弾圧、教団は壊滅。控訴院裁判長「大本の教は、宇宙観、神観、人生観、社会…

出口京太郎『巨人 出口王仁三郎』(天声社)を読了。

『巨人 出口王仁三郎』(天声社)を読んだ。 出口 王仁三郎(でぐち おにさぶろう、1871年8月27日(明治4年旧7月12日) - 1948年(昭和23年)1月19日)は、新宗教「大本」の二大教祖の一人。肩書きは「教主輔」、尊称は「聖師」。 出口王仁三郎は戦前の最大…

五木ひろし。秋元康。三谷幸喜。長谷川博己。五木寛之。

散歩中にNHK「聞き逃がし」配信を楽しむ。1万歩。 NHK「ラジオ深夜便」の五木ひろしが語る「母」。64歳の時のインタビュー。五木の人柄や生き方に感心。 NHK「秋元康の超プレミアムトーク」5月4日。秋元は1958年生。 第1部:脚本家の三谷幸喜(1961…

世田谷文学館の「ヨシタケシンスケ かもしれない」展ーー「次に絵本作家がしなきゃならないことは、老人向けに絵本をつくることなのかもしれない」

世田谷文学館の「ヨシタケシンスケ かもしれない」展。 人気のある絵本作家らしいが私は知らなかった。会場は絵本やイラスト好きの女性が多くにぎわっていた。 1973年、神奈川県生まれ。筑波大学大学院芸術研究科総合造コース卒業。 絵本作家になるまでの展…

短歌の日ー永田和宏・河野裕子・穂村弘・小島ゆかり

妻で有名な歌人の河野裕子が亡くなってから出てきた青春時代の日記を、同じく歌人の夫が読みながら妻との日々を回想する本。危うく濃厚な二人の青春の日々が真摯な筆で語られている。 妻から頼まれて図書館に借りに行ったら、館内と途中のコーヒーショップで…

第1回「地域未来フェス」--「私の好きな町」というテーマで、全国から30名ほどが参加し、楽しい時間を過ごしました。

第1回「地域未来フェス」。20時から2時間。一人3分の発表で1時間半、20分の地区別のブレークアウト、10分の大集合。30人ほどの人が全国から集まり、2時間たのしく過ごしました。以下、私のメモ。 今住んでいる町、出身地、そしてスキーなどで通っている町な…

野田九浦ーー「歴史人物画」の大家。「春塵や遅筆に画絹白きまま」

長池公園のライブに出会いました。 吉祥寺美術館(武蔵野市立)の「野田九浦」展。 子規に俳句を学び、漱石の小説の挿絵を描き、生涯にわたって「歴史人物画」をテーマにした人である。50年近くの年月を吉祥寺で過ごした。武蔵野市の美術館構想の端緒となっ…

『トーマス・マン日記 1944-1946』ーー広島への原爆投下の8月7日からポツダム宣言受諾の8月15日までの記述が興味深い。

先日の古本市で手にした『トーマス・マン日記。 1944-1946』を少しづつ、読んでいる。 トーマス・マンはノーベル文学賞を受賞した文学者。ドイツ人。ヒトラーの台頭で迫害され、アメリカに移住。第二次大戦中なので、欧州戦線の記述が多い。特に、祖国ドイツ…

「リアル」「ZOOM」「VR」の3拠点ハイブリッドの「ジミー」出版記念パーティ

多次元実況システムを使った「リアル」「ZOOM」「VR」の3つの拠点を結ぶ前代未聞のメタバースイベントが開催されました。リアル会場20名、ZOOM参加90名、VR参加50名。16時から20時という長丁場でした。 硬軟とりまぜた、大人数の、しかも質の高い人たちを集…

「千人の顔」。「1000山」。「千夜千冊」。「千日回峰」。「五輪書」の「鍛と錬」。「三百六十五日のマーチ」。

2005年から始めて後5館で1000館に達する、人物記念館1000館が視野に入ってきてから、「1000」という数字にアンテナがたっている。 28日の日経文化欄「交遊抄」に「千人の顔」という記事があった。ここでプロカメラマンオの山岸伸という人が、「瞬間の顔」と…

『図解コミュニケーション全集』第5巻「展開編2・キャリアデザイン」を刊行。

『図解コミュニケーション全集』第5巻「展開編2・キャリアデザイン」を刊行しました。コロナ禍の間の2年弱で、全10巻の半分まできました。 第1巻「原論編」は2020年8月。第2巻「技術編」は2021年4月。第3巻「実践編。よむ・考える・かく」は2021年9月。第4…

「幸福塾」の7回目。総論③のテーマは「凡人・凡夫・平凡」

「幸福塾」の7回目。総論③ 凡人・凡夫・平凡。 ①安岡・永田・文・会津・トルストイ」 ②渥美。やなせ・串田・ジョブス・フンボルト 〇幸せ:井上靖「平凡の中」。谷川俊太郎「長続き」。吉川英治「夫婦の成功」 〇凡人:小渕恵三「一事」。親鸞「悪人」。聖徳太…

ZOOMセミナー。明日の「幸福塾」の準備。書類作成。

HIRAKIKATA同期会. 黒田さんの英国(ブライトン・ロンドン)報告。2021年末。語学学校。ホームステイ。一人当たりGDP「英国4.6万ドル(475万円)、日本4.万ドル(433万円)。20年で英国67%アップ、日本1%アップ」。DX「チップは無くなりつつある。年配者…

企業ミュージアム。講談社まんが学術文庫。「パンケーキを毒見する」。

昨日24日の寺島実郎の「世界を知る力」対談篇の相手は、ヤマトの山内会長。 今年は「企業ミュージアム」をターゲットにしようかと改めて思った。創業者・小倉康臣と宅急便の創始者・小倉昌男。 クロネコヤマトミュージアム(品川)。1919年創業100周年でつく…

八王子夢美術館で「月岡芳年」展。

八王子夢美術館で「月岡芳年」展。 最後の浮世絵師。木版多色釣りの浮世絵版画の作者としては最後である。しかし近代日本画の美人画の王道を歩んだ人である。歌川豊国、歌川国芳、月岡芳年、河鍋暁斎、鏑木清方、伊東深水、川瀬巴水と、その系統はまだ続いて…

青海エイミー『ジミー』ーーー珍しく、真面目に小説を読みました。

青海エイミー『ジミー』(メタ・ブレーン)を読了。 マイは十七歳の普通の女子高校生、バンコクからの転校生ジミー(父は台湾人。母は日本人)との交流から希望を手にする物語だ。以下、小説の文中の主人公の言葉で再構成してみる。 学校のこと。「階層。役…

知研セミナー:ゲストは伊藤松男さん、テーマは「超高齢社会の展望と人生100年時代の生き方

以下、参加者の学び。 知研・岡山前会長の伊藤松郎さん、貴重なお話をありがとうございました。前半部の知研・岡山の歴史を通して、充実した活動内容、豪華なゲストについても昭和~平成~令和に至る「知的生産」の過程が理解できました。後半の人生100年時代…

吉祥寺美術館(武蔵野市立)ーー「野田九浦」展。浜口陽三記念室。萩原英雄記念室。

秘書とのズームでの打ち合わせを終えて、武蔵野市立吉祥寺美術館を訪問する。 目当ては「野田九浦」展。子規に俳句を学び、漱石の小説の挿絵を描き、生涯にわたって「歴史人物画」をテーマにした人である。50年近くの年月を吉祥寺で過ごした。残念なことに図…