読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第41回全国経営学部長会議を幹事校として主催。

全国経営学部長会議を開催。今年は幹事校。
76大学。場所は東京駅前の丸ビルコンファレンスルーム(渡辺客員教授のお世話)。
テーマは「経営実学教育」。

参加された全国の経営学部長からも、感謝された。
教職員が力を合わせて準備し、盛りだくさんの企画となったが、結果は大成功だった。
企画運営の教職員、登壇者、以外にも多くの教授陣の参加もあり、またグローバルスタディーズ学部の安田学部長以下の教職員幹部も参加しており、大学の一体感が一段と強まったと思う。
上昇スピードにもう一段の加速度をつけていきたい。

「名言との対話」9月9日。毛沢東

  • 「創造的な仕事をなしとげる3つの条件がある。若いこと、貧乏であること、無名であること、だ」
    • 毛 沢東(もう たくとう、マオ・ツォートン、1893年12月26日 - 1976年9月9日)は、中華人民共和国の政治家、軍事戦略家、思想家。日中戦争後の国共内戦では蒋介石率いる中華民国を台湾に追いやり、中華人民共和国を建国した。以後、死去するまで同国の最高指導者の地位にあった。
    • 天安門広場の毛主席記念講堂で「毛沢東明言故事」という本を購入。毛は哲学者であり名言が多い。「健康第一、学問第二」というのがあった。「主要矛盾と従属矛盾」もいい。
    • 毛沢東は、撤退を長征と言い換え、人民解放軍全体をゲリラ戦という戦略的思考を発揮し勝利した。
    • どのような分野においても、創造的な仕事は、衣食足りた人々からではなく、貧乏で無名の若者から生まれてくる。それは創爆発的なエネルギーに満ちているからだ。若く貧乏で無名の青年は創造のための資源を手中にしているのだ。